回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患や胸腹部の手術などの病気または骨折などのケガで急性期治療を終えた患者様に対して、自宅退院(在宅復帰)や職場復帰のために集中的なリハビリテーションを実施する病棟です。

回復期病棟の目的
  1. 日常生活動作の能力向上
  2. 寝たきりの防止
  3. 在宅復帰

リハビリ室でのリハビリだけでなく、病棟での生活もリハビリととらえ、実際の生活場面での介入も積極的に行っています。

当院では回復期Ⅰの基準(※1)をとっており、365日体制最大3時間の個別でのリハビリを提供しています。土日・祝日も平日と同様のリハビリ体制となっています。また、専従の言語聴覚士・管理栄養士が配属されています。

医師、看護師、介護士、薬剤師、管理栄養士、社会福祉士、リハビリスタッフなど様々な職種で適宜カンファレンス(在宅復帰支援カンファレンス)を実施し、患者様の身体状況や病棟での普段の生活状況、退院後の生活について情報共有・相談を行い、スムーズな退院支援のために必要なサポートを検討していきます。

また、退院後の生活を見据えて、入院早期より家屋調査を実施し、外出・外泊練習買い物や公共交通機関の利用などといった屋外活動も計画的に実施しています。(詳しくは当院での取り組みへ)

チーム医療
専門職がチームを組んで患者様の回復を支えてゆきます
チーム医療

入院対象者・入院期間について

  入院対象患者 入院上限日数
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血シャント手術後、脳腫瘍、農園、急性脳症、脊髄炎、多発神経炎、多発硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装具訓練を要する状態 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 90日
3 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態 60日
5 股関節又は膝関節の置換後の状態 90日

※1 回復期リハビリテーション病棟の区分について
看護師やリハビリスタッフの人数、重症患者の割合やリハビリテーションを受けられる時間や種類によって6段階の病棟基準に分けられています。
当院では「回復期リハビリテーション病棟入院料1」を取得しております。

回復期リハビリテーション病棟 施設基準
  入院料1 入院料2 入院料3 入院料4 入院料5 入院料6
医師 専任常勤1名以上
看護職員 13対1以上(7割以上が看護師) 15対1以上(4割以上が看護師)
看護補助者 30対1以上
リハビリ専門職 専従常勤のPT3名以上、
 OT2名以上、ST1名以上
専従常勤の
PT2名以上、OT1名以上
社会福祉士 専任常勤1名以上
管理栄養士 専任常勤1名 専任常勤1名の配置が望ましい
リハビリ計画書の栄養項目記載 必須 管理栄養士が配置されている場合:実施することが望ましい
データ提出加算の届出 ※経過措置あり
休日リハビリテーション - ※休日リハビリテーション提供体制加算あり
「重症者」(*1)の割合 3割以上 2割以上
重症者における
 退院時の日常生活機能評価
3割以上が4点以上改善 3割以上が3点以上改善
自宅等に退院する割合 7割以上
リハビリテーション実績指数 40以上 35以上 30以上
点数
※()内は生活療養を受ける場合
2,085点
(2,071点)
2,025点
(2,011点)
1,861点
(1,846点)
1,806点
(1,791点)
1,702点
(1,687点)
1,647点
(1,632点)

*1 日常生活機能評価10点以上又はFIM総得点55点以下

入院までの流れ

1. 急性期病院の相談室から当院の相談室に患者様の情報を送って頂きます。

2. 受け入れに関しての返事は3日以内に相談室へご連絡致します。

3. 空床状況や身体状況により、転院日時を決定致します。

4. 当院を事前に見学されるかどうかはご希望に応じますのでご連絡ください。

5. 転院時の移動方法については、急性期病院の指示に従いご来院ください。

※当院には駐車場がないため、近くのパーキングの利用をお願いしております。
病院周辺の道路は大変道幅の狭い地域です。無断駐車で近隣にご迷惑のかからないようにご協力をお願いいたします。

交通のご案内:駐車場について

介護タクシーでの来院時は、車椅子利用なら地下、ストレッチャー利用なら正面玄関から入るようお願いいたします。
来院の際、1階にて検温のご協力とマスクを着用の上、2階の総合受付にお声がけください。

お問い合わせ
  • 回復期リハビリ病棟へご入院希望の方は『医療相談課』までご連絡ください
  • 03-3876-1711(代表)
  • 浅草病院 医療相談課(内線251)

※診療情報提供書、ADL表、直近の血液検査データ・回復期リハビリ病棟 情報シートをご用意ください。

回復期リハビリ病棟 情報シート(Wordファイル)

入院時の持ち物(入院時に必要なもの)

急性期病院相談室
  • 診療情報提供書
  • 看護サマリー
  • リハビリサマリー
  • 内服薬(1週間分)
  • 採血データ
  • MRI・CT・X-P(データ)
  • 退院証明書
  • その他(保険証、保証金)
ご家族様
  • 手続きに必要なもの(詳細は入院のご案内へ)
    • 健康保険証
    • 診察券
    • 印鑑
    • 各種受給証
    • 限度額認定証
  • 病棟生活に必要なもの
回復期リハ病棟
洋服について

回復期リハビリテーション病棟の目的は、病院での生活から日常生活に戻ることです。
そのため、当院では生活リズムを整えるために、一日中病衣やパジャマで過ごすのではなく、日中は日常着に着替えをお願いしています。日常着は、リハビリでの運動や外出練習などに備えて動きやすい服装をお願いしています。

また、コインランドリー(有料)も設置しているので、洗濯の練習も行うことが可能です(※2)。

※2 ご本人が行える能力がある場合に限ります。病棟での洗濯の依頼は御受けできません。
ご本人が難しい場合は、ご家族様での洗い替えをお願いしています。

※自宅からの持ち込みや洗い替えが難しい場合は、有料でのレンタルも可能です。

洗濯機

入院から退院までの流れ

  • 入院時:オリエンテーション、病前情報聴取
    • 医師の診察と医療相談員の面談
    • 身体評価(採血、CT、MRI、心電図など)
    • リハビリ評価
    • 家屋調査

    リハビリゴールの設定、リハビリプログラムの立案

    回復期リハビリテーション
  • 在宅復帰支援カンファレンス(初回):ゴールの共有、各職種での役割を確認
    回復期リハビリテーション
    詳しくは在宅復帰支援カンファレンス
  • リハビリ:365日、24時間リハビリ!自分でできることを増やしていきましょう
    • モーニングケア、食事リハビリ、ナイトケア
    • 調理訓練
    • 屋外歩行練習
    • 買い物練習
      (詳しくは当院での取り組みへ)
    回復期リハビリテーション

    リハビリの様子

    回復期リハビリテーション

    ナイトケア(整容練習)

    回復期リハビリテーション

    買い物練習

    回復期リハビリテーション

    調理訓練

  • 中間カンファレンス:現状の把握と目標の再確認

    再確認した目標に向けて各職種が退院を支援していきます。

  • 退院前カンファレンス:退院後の生活に必要な情報を共有

    患者様の状態や今後必要な支援についてご家族様を含めて話し合いをし、目標の確認をしていきます。

    回復期リハビリテーション

    歩行器の選定

    回復期リハビリテーション

    家族指導(服薬について)

    回復期リハビリテーション

    屋外活動

  • 退院

当院での1日の過ごし方

  • 6:00 起床
  • 8:00 朝食
    回復期リハビリテーション

    モーニングケア(着替え練習)

  • 午前のリハビリ
    回復期リハビリテーション

    午前のリハビリ

  • 11:40 昼食前の体操 食事リハ
    回復期リハビリテーション

    昼食前の体操

  • 12:00 昼食
    回復期リハビリテーション

    補助具を使った食事

    回復期リハビリテーション

    食事用の自助具

  • 午後のリハビリ
    回復期リハビリテーション

    午後のリハビリ

    回復期リハビリテーション

    入浴評価

  • 18:00 夕食
    回復期リハビリテーション

    ナイトケア(整容練習)

  • 20:00 消灯
リハビリ時間について
  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が担当制でマンツーマン指導します。
  • 365日、土・日・祝日も平日と同様に1日2~3時間のリハビリがあります。
  • リハビリ以外にも、自主トレの提案やお昼前の体操などもあります。

当院での取り組み

チームアプローチ
入棟時カンファレンス

当院入棟時にご本人、ご家族、医師、看護師、相談室、リハビリスタッフ等多職種での簡単な身体評価および、合同カンファレンスを実施しています。脳画像等を見ながらの病状の共有および今後の予後予測について早期より情報共有を行います。

また、早期より病前情報をご家族にいただくことで、今後のリハビリテーションにも生かしていきます。

在宅復帰支援カンファレンス

週に1回、入棟されている患者様について看護師・介護士・社会福祉士・薬剤師・相談室・リハビリスタッフが、患者様の身体状況や現在の病棟生活について、今後の環境整備、サービスについて情報共有・検討をしていきます。

回復期リハビリテーション
退院前カンファレンス

退院の目安がついたところで、今後の生活や必要なサービス等についてご本人、ご家族、医師、看護師、相談室、リハビリスタッフにて話し合いを行います。必要に応じて、ケアマネジャーや介護ヘルパー、復職に向けての話し合いでは会社関係者などをお呼びして病状説明を行うこともあります。

家族指導

ご自宅で介護・介助されるご家族の不安の解消のために、実際に病院で患者様の介助方法の指導を行います。看護師からは服薬指導、管理栄養士より栄養指導を行うこともあります。

回復期リハビリテーション

家族指導

回復期リハビリテーション

在宅復帰支援カンファレンス

生活場面でのリハビリ

リハビリ室で練習してできるようになった動作を入院生活の中でも行えるように、病棟でのリハビリも行っています。
実際の生活場面にリハビリスタッフが関わり、評価・練習を行う事で早期に実動作場面での獲得を促し、病棟のスタッフと動作のレベルや方法を共有していくことでより安全に行えるようにしていきます。

モーニングケア(8:40~)

朝食後、歯磨きなどの整容朝の着替え、トイレなどの日常生活動作を実際の場面で評価し、動作指導や練習を行っています。

食事リハビリ(11:40~)

昼食前の20分間、個別リハビリとは別に集団での体操や頭の体操を行っています。
また、昼食時も食事動作の評価を行い、必要に応じて栄養科と協力して自助具の提案もします。食後の整容もリハビリスタッフが関わっています。

入浴評価(適宜)

自宅でも安全に入浴できるように、浴槽への出入りの仕方などを練習します。
また、練習内容を病棟スタッフと共有し、介助の方法も統一しています。

ナイトケア(17:30~)

夕食~就寝前にかけて、食事動作の評価、食後の整容や就寝前の寝衣への着替えリハビリスタッフと行います。

調理訓練

病前に作っていた料理や飲み物をリハビリ室のキッチンで作っていただきます。計画する、食材を買う、準備する、作る、といった工程を患者様と一緒に確認しながら実施します。

回復期リハビリテーション

ナイトケア(整容練習)

回復期リハビリテーション

モーニングケア(着替え練習)

回復期リハビリテーション

調理訓練

回復期リハビリテーション

歩行練習

回復期リハビリテーション

入浴評価

回復期リハビリテーション

トイレ練習

院外での取り組みについて
家屋調査

入院早期にご自宅へ訪問してご自宅の環境を確認させて頂きます。その後、その情報を多職種で共有し、入院中の過ごし方やリハビリプログラムへ反映させ、退院後の環境調整も検討していきます。
ご自宅が遠方の場合など、家屋調査が難しい場合は、間取りや写真などをご家族様に依頼することがあります。

屋外活動

退院に向けて、病院の外を歩く練習をしたり、実際にご本人とスタッフが自宅に行って動作の確認や手すりの設置などの提案を行います。また、必要に応じて買い物や公共機関の利用の練習も行っています。

外出・外泊練習

退院前にご自宅での生活を確認するために、ご家族様の見守りの元でご自宅への外出あるいは外泊練習も提案させていただいています。

回復期リハビリテーション
回復期リハビリテーション

屋外歩行

回復期リハビリテーション

家屋調査

2020年度実績

【在宅復帰率:89.4%

回復期リハビリテーション

【平均在院日数:50.9日

回復期リハビリテーション

【平均提供単位数:7.66単位

回復期リハビリテーション

※1単位:20分 

【FIM(機能的自立度評価法)によるADL評価】

回復期リハビリテーション

当院に入院された患者様は、毎日2~3時間のリハビリを受けていただいております。けがや病気の状態によって異なりますが、平均50日前後の入院期間で約9割の方がご自宅へ退院されています。

また、食事や着替え、整容、入浴動作などの日常生活動作の自立度を表す評価についても平均28点向上しており、自分でできることが増えて退院されていることが分かります。

病棟の紹介

リハビリ室
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
リハビリ設備
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
病棟設備
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟 パンフレット

お問い合わせ

  • 回復期リハビリ病棟へご入院希望の方は『医療相談課』までご連絡ください
  • 03-3876-1711(代表)
  • 浅草病院 医療相談課(内線251)

※診療情報提供書、ADL表、直近の血液検査データ・回復期リハビリ病棟 情報シートをご用意ください。

回復期リハビリ病棟 情報シート(Wordファイル)