失神外来

そもそも失神とは何でしょう?

日本循環器学会では不整脈や血圧が異常に低下するなどの理由で、脳全体の血流が一時的に低下するために引き起こされる意識消失を「失神」としています。通常、数秒から数分以内に後遺症なく回復します。一般には「気絶」「気を失う」「脳貧血」と呼ばれる症状です。一過性意識消失の中の一つの症状と考えていただければと思います。

意識がなくなる失神は脳神経の病気と思われがちですが、血圧や心拍数が問題で症状が出現することが多く、心臓病を専門とする循環器内科でも診療にあたります。

失神診療とは?

一過性意識消失の原因は様々で、失神以外の意識消失(てんかんなど)を含めると非常に広い領域から原因を調べる必要性があります。
意識がなくなりそうになる状態(前失神)やひどい立ち眩み、起床時に気分が悪くなどの症状が出現する方も関連領域として含まれてきます。

発祥の状況・症状や心電図所見から危険性を評価して、発作頻度も踏まえ診療に当たります。
必要に応じて入院での検査・治療が必要となります。また、中には循環器疾患以外の原因で意識がなくなっていることもありますので、他の医療機関と連携し診療に当たります。

失神の診療は、ここ数年でチルト試験(図1)植込み型心電図(図2)などの診断機器の進歩や治療の適応が進んでおり、以前は原因不明だった失神でも診断がつくようになっています。

ヘッドアップ・チルト試験

ヘッドアップ・チルト試験

反射性失神・起立性低血圧の診断に用います。(図1)

植え込み型心臓モニター

植え込み型心臓モニター

胸部の皮下に植え込み、発作時の心電図や不整脈の有無を確認します。
数年の電池寿命があります。(図2)

意識がなくなったり、意識がなくなりそうになったりして不安な方はぜひ受診してください。
心臓病の既往がある方や回数が多い失神は危険性が高いと言われていますので、まずは気軽に危険性の評価を行ってください。

失神・意識障害の原因

  1. 起立性低血圧
    いわゆる立ち眩みのひどいもの
  2. 反射性(神経調節性)失神
    長時間の立位(朝礼、満員電車)・緊張・排泄等で自律性神経のバランスが崩れるために失神する。
  3. 不整脈性失神
    心拍数が極端に早かったり、遅かったりするために失神する。
  4. 心疾患
    心臓弁膜症・心筋症などにより失神する。
  5. その他
    てんかん、低血糖など。脳梗塞では稀。

早期の評価が必要な失神

  1. 心臓の病気や心電図の異常がある方。
  2. 失神前に前触れが全くない方。
  3. 失神(前失神も含め)回数が多い方
  4. 回数が少なくても不安が強く生活に支障があるかた。

医師紹介:内科部長 古川俊行

浅草病院 古川俊行医師

浅草病院内科の失神外来を担当させていただくことになりました、古川俊行と申します。
専門は循環器内科の不整脈疾患ですが、中でも「失神」に焦点をあてて診療を行ってきました。

「失神」は、全人口の4割程度が生涯で1度は経験するといわれていますが、専門とする医師が少ないこともあり発展途上にある医療分野です。

前職では年間500人程度の新規患者さんの診療に従事していました。内科・循環器の診療の中で失神診療も継続して行っていきたいと考えています。

学歴

平成10年 平成10年 聖マリアンナ医科大学医学部卒

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会

専門医・認定医等

  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 総合内科専門医

専門分野

  • 失神
  • 不整脈疾患
  • 循環器内科