肩(かた)と肘(ひじ)の外科外来

診療内容

肩(かた)や肘(ひじ)に症状があり、日常生活や仕事、スポーツ活動ができずに困っている方のための外来です。

特色

担当医は、肩・肘関節疾患と運動器超音波領域に長年かかわっており、中学野球チームへの帯同、超音波を用いた小中学生の野球肘検診、プロ野球選手のメディカルチェック担当医の経験があります。また、リバース型人工肩関節全置換術に関して、日本整形外科学会認定施行医師の資格を有しています。成長期スポーツ選手から高齢者まで幅広く肩と肘の疾患に対応が可能です。

 保存療法(リハビリテーション、投薬や注射)も重視し、手術が必要な場合には、可能な限り関節鏡(「カメラ」のことです)を用い、低侵襲に行います(関節鏡下手術といいます)。

主な対象疾患

肩(かた)の疾患

「肩が痛い、挙がらない(力が入らない)、背中や腰に手が回らない」
「肩がはずれやすい、ゆるい、安定しない」
「オーバーヘッドスポーツ動作(投球など)で思ったようなプレーができない、違和感や痛み、引っかかりがある」

肘(ひじ)の疾患

「ひじの外側が痛い」
「ひじの内側が痛い」
「動かすとひじの前または後ろが痛い、引っかかりを感じる」「ひじが曲がらない、伸びない」
「ひじから先がしびれる、手に力が入らない」

関連する診療科

医師紹介

  • 学歴
    • 平成13年 山口大学医学部卒
    所属学会
    • 日本整形外科学会
    • 日本手外科学会
    • 日本肘関節学会
    • 日本骨折治療学会
    • 日本最小侵襲整形外科学会
    専門医・認定医等
    • 日本整形外科学会整形外科専門医
    専門分野
    • 手外科
    • 整形一般
  • 学歴
    • 平成17年 秋田大学医学部卒
    学位
    • 医学博士
    所属学会
    • 日本整形外科学会
    • 日本肩関節学会
    • 日本肘関節学会
    • 日本整形外科スポーツ医学会
    • 日本臨床スポーツ医学会
    専門医・認定医等
    • 日本整形外科学会認定専門医
    • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
    • 日本整形外科学会認定リバース型人工関節置換術施行医師
    • 日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟 医事委員
    • 横浜野球肘検診 責任医師(2013~2020年)
    • スポーツフォーラム21 函館・せたな町野球塾 講師(2014年~)
    • 千葉ロッテマリーンズ メディカルチェック担当医(2015年~2018年)
    • 昭和大学藤が丘病院整形外科 兼任講師
    専門分野
    • 肩関節外科
    • 肘関節外科
    • スポーツ整形外科