リハビリテーション科

理念

地域の人々の
」したを「」さえる「」らしを「」さえる
最高のリハビリテーションを提供していきます。

求める人材

  1. 何事にも積極的に取り組める人
  2. 明るく元気で、前向きに物事を考えられる人
  3. 患者さん、利用者さんのことを真剣に考えられる人
  4. 絶え間ない自己啓発を継続できる人
  5. まわりを巻き込んで新しい事に挑戦できる人

特徴

  1. 急性期から回復期、在宅までのトータルリハビリテーションを経験
  2. 平均経験年数、5.4年若いスタッフとベテランスタッフのチームワーク良好
  3. 充実した教育

PT部門

理学療法では、“身体づくり”と“生活動作”の専門家として、座る・立つ・歩くなどの基本的な動作の改善を目的に運動療法や動作の再獲得を目指した動作練習などのリハビリを行うます。また、患者様の生活に合わせて屋外歩行や階段昇降など練習をしてゆきます。

OT部門

作業療法では、こころとからだを元気に自分らしく生きるための支援をしてゆきます。その人らしい生活を送るために食事・排泄などの日常生活機能の改善のほかに調理・買い物などの家事動作や仕事復帰など日常生活動作や環境を患者様やご家族と目標を共有しながら進めてゆきます。また、一人一人に合った福祉用具や生活環境のアドバイスも行います。

ST部門

言語聴覚療法では、話す・食べるの専門家として豊かな社会生活が送れるように、支援しています。病気や交通事故などでこのようなことばによるコミュニケーション機能が損なわれることがあります。言語聴覚士はそのような方に専門的な支援をしてゆきます。

また、注意力などの高次脳機能障害についても検査・評価し必要に応じて生活での工夫などのアドバイスを行ってゆきます。食べること、飲み込むことなどの摂食嚥下療法にも力を入れ、食べることの喜びを支援してゆきます。

リハビリ事務

外来の患者様の予約業務や、電話対応、業務集計などリハビリテーション科の縁の下の力持ちとして、リハビリテーション業務を支えています。

募集要項

※理学療法士、言語聴覚士は現在、募集しておりません。