スリープサロン(睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS【サス】)は、眠っている間に呼吸が⽌まる病気です。寝ている間の無呼吸なため、なかなか気付くことができず、検査・治療を受けていない多くの潜在患者が⽇本では300万⼈以上いると推計されています。

この病気が深刻なのは、寝ている間に⽣じる無呼吸が、起きているときの活動に様々な影響を及ぼすことです。⽣活習慣病と密接に関係しており、放置すると⽣命の危険に及ぶこともあります。また、SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが⼤切です。

こんな症状はありませんか?

寝ている間

  • いびきをかく
  • いびきが⽌まり、⼤きな呼吸とともに再びいびきをかく
  • 呼吸が⽌まる
  • 呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
  • むせる
  • 何度も⽬が覚める(お⼿洗いに起きる)
  • 寝汗をかく

起きたとき

  • ⼝が渇いている
  • 頭が痛い、ズキズキする
  • 熟睡感が無い
  • すっきり起きられない
  • 体が重いと感じる。
  • むせる

起きている時

  • 強い眠気がある
  • だるさ、倦怠感がある
  • 集中⼒が続かない
  • いつも疲労感がある

この様な症状がみられる⽅には、検査をお勧めします。

このような方は、要注意!! (患者さんの特徴)

⽣活習慣

  • タバコがやめられない
  • お酒が好きで、寝る前のお酒が習慣化
  • 太り気味。暴飲暴⾷してしまうことがある
  • ⾼⾎圧、糖尿病、⾼脂⾎症などの既往がある

⾒た⽬の特徴

  • ⾸が短い
  • ⾸が太い、まわりに脂肪がついている
  • 下あごが⼩さい、⼩顔
  • 下あごが後⽅に引っ込んでいる
  • ⻭並びが悪い
  • ⾆や⾆の付け根が⼤きい

放っておくと、もしかしたらこんな病気まで!!

睡眠時無呼吸症候群の患者さんの多くは、⾼⾎圧・⼼臓病・脳卒中・糖尿病などの「死の4重奏」と⾔われる、⽣活習慣病を合併しています。

※OSAS=閉塞性睡眠時無呼吸症候群

さらに・・・

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんの「運転中の眠気」の経験割合は、⾮SAS患者と⽐較してSAS患者で4倍(40.9%)、「居眠り運転」ではなんと5倍(28.2%)という調査結果も⽰されています。

どんな検査を行うの?

問診時に睡眠、⾃覚症状について質問させていただき、その後の検査⽅法を決定します。
当院では、主に2通り⾏っています。

簡易PSG検査

⾃宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査です。⼿の指や⿐の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べます。ただし、簡易検査では無呼吸の有無とその頻度を調べることはできますが、脳波や睡眠の深さなどの詳細データまではとることができません。重症度によっては簡易検査の結果を受けてすぐに治療へと進むこともありますが、より詳細な精密検査(⼊院検査)が必要となる場合があります。

精密検査(PSG検査)

簡易検査よりもさらに詳しく、睡眠と呼吸の「質」の状態を調べる検査で、終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査と呼ばれます。

主な検査項⽬

  • ⼝と⿐の気流(空気の流れ)
  • ⾎中酸素飽和度(SpO2)
  • 胸部・腹部の換気運動
  • 筋電図
  • 眼電図
  • 脳波
  • ⼼電図
  • いびきの⾳
  • 睡眠時の姿勢 など

寝ている間に検査は終了

  • これらの項⽬を測定するために⾝体に多くのセンサーをつけますが、痛みを伴う検査ではありません。
  • いつも通りに寝ている間に検査は終了します。
  • PSG検査の結果は、医師や専⾨の臨床検査技師などがそれぞれのデータを⾒て最終的に判定します。

治療方法は?

当院では、主にCPAP(シーパップ)療法:経⿐的持続陽圧呼吸療法」を⾏っています。CPAP療法は、閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療⽅法として現在欧⽶や⽇本国内で最も普及している治療⽅法です。

CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというものCPAP装置からエアチューブを伝い、⿐に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

診察時間は?

診療時間は、以下の通りです。専⾨医が対応しますので安⼼してご相談ください。

担当医
内科 樹神 元博医師
⽉曜⽇
9:00〜12:20
金曜⽇
14:00~17:00