回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーションのご紹介

当院は脳梗塞などの脳血管疾患や大腿骨頚部骨折などの骨折、胸腹部手術などの急性期治療を終えて症状が安定した患者様に対して、集中的にリハビリテーション(リハビリ)を行う病棟を有しています。
リハビリを行うことで、日常生活動作の能力向上・寝たきりの防止・自宅への復帰を目的としています。そのため訓練室でのリハビリだけではなく、病棟でも生活に即したリハビリを積極的に行います。座る・立つ・歩く・食べる・トイレ動作などの身の回り動作の自立を促し、出来る限り自分で出来ることを増やすことが目的です。
生活動作の一つ一つが"リハビリ"です。自分で出来ることは可能な限り自分でして頂き、困難なことやサポートが必要なことはスタッフが適切な援助を致します。

入院から退院までの流れ

① 入院/リハビリ開始

医師の指示のもと、一人一人の患者様に適したリハビリ計画・目標を立ててリハビリを開始します。

② カンファレンス

医師、看護師、リハビリスタッフ、社会福祉士など、患者様に関わるスタッフが集まり、患者様の状態やリハビリの経過などを報告し、問題点やリハビリのゴールについて話し合います。
回復リハビリ

③ 専門職種によるチームアプローチ

カンファレンス以外にも患者様に必要な支援を検討し、ゴールを共有する時間を設けています。
回復リハビリ

④ 本人・ご家族様との面談

必要に応じて担当医師やリハビリスタッフなどと面談し、患者様の状態や今後の見通しなどを話し合います。その際ご本人やご家族様のご希望も伺い、共に今後の方針を決めていきます。

⑤ 退院の相談

在宅復帰や施設での生活がスムーズに行えるよう、必要な介護用品の選定や介助方法についてご本人・ご家族様と相談します。退院後に買い物や外出等が必要な患者様には積極的に屋外活動を行っています。

⑥ 退院

在宅生活や施設での生活に不安がないように、栄養指導や服薬指導などの健康面でのサポートや介護方法のアドバイスなどを行います。また、地域で利用できる社会サービスなどの紹介も行います。

※診療情報提供書、ADL表、直近の血液検査データ・看護必要度記入用紙をご用意下さい。

《お問合わせ》
  • 回復期リハビリ病棟へご入院希望の方は『医療連携相談室』までご連絡ください
  • 03-3876-1711(代表)
  • 浅草病院 医療連携相談室(内線251)
Copyright © Asakusa Hospital.All rights reserved.