薬剤科紹介

薬剤科紹介

薬剤科トップ

当院の薬剤科では「薬剤の適正使用を推進し、患者さまの治療効果の向上を確保する」ことを理念に業務を行っています。感染対策や褥瘡などのチーム医療にも積極的に参加しています。
また、学生実習やインターンシップも積極的に受け入れ後進の育成にも力を注いでいます。

主な業務内容

<内服薬の調剤業務>詳細を見る▽
医師の処方後、一人の薬剤師が処方鑑査を行い薬剤を取り揃えます。さらに別の薬剤師が薬袋に入れた薬剤をもう一度確認するシステムを取っています。医師・薬剤師が協力して処方ミスを無くし、患者さまが安心した入院生活を送れるよう最善を尽くしております。 当院の外来は全て院外処方となっておりますので、主に入院患者さまのお薬を調剤しています。
<注射薬の調剤業務>詳細を見る▽
入院患者さまの注射薬の種類は非常に多く、薬剤の取り違いやミスを無くすため、処方箋に基づき個人別・1回分別にセットをしています。その際に処方上問題となる、投与量や配合変化なども鑑査しています。
<抗がん剤・TPN等の無菌混合調製>詳細を見る▽
抗がん剤は人体に与える影響が大きく、患者さま個々にあったレジメンや投与量を守る必要があります。当薬剤科では事前に医師が作成する薬物投与計画書で、レジメン鑑査を行っています。抗がん剤は休日も含め全て薬剤科の管理とすることで、安心で安全な薬剤を供給しています。また、高カロリー輸液の無菌調製も全て薬剤科にて行っています。
<薬剤管理指導・病棟薬剤業務>詳細を見る▽
当院では全ての病棟に薬剤師を常駐しています。また指導率は常に90%を上回り、患者さまに対し必ず担当薬剤師がいるシステムを取っています。初回面談時に持参薬の服用状況、健康食品やサプリメントの摂取状況、また副作用歴やアレルギー歴も含めて確認をしています。持参薬の中には今後の治療において特に注意が必要な薬剤も含まれています。得られた情報を医師・看護師等と共有し、薬剤師の立場から適切な情報提供を行う事で、安全で安心な医療を提供しています。
処方薬についてはパンフレットや写真入りの説明書を活用し、患者さまが十分に理解できるように指導しています。
<TDM:薬物血中濃度モニタリング>詳細を見る▽
薬物によっては血中濃度をコントロールすることにより、十分な効果が得られ副作用を起こりにくくすることが可能です。有効域が狭い薬物を対象としており、適切な薬物投与が行えるように解析及び投与設計などの情報提供を行っています。また看護部への勉強会を行い、TDMの重要性を発信しています。
<医薬品の管理>詳細を見る▽
発注・検品・各部署への払出しという一連の業務は薬剤師が責任をもって行っています。院内で医薬品の置いてある場所は調剤室のほかに、病棟・外来・手術室など多くの部署にわたっています。薬剤師は的確な医薬品の供給はもとより、在庫されている薬品が適切に管理・使用されているかを確認することも重要な仕事です。当院では医薬品が置いてある全ての部署に担当薬剤師を設け、薬品在庫の品質管理を行っています。救急カートも薬剤師が毎日、点検を行っています。
当院では現在約1000種類の医薬品を採用しています。採用薬剤の後発品化も進めており、後発医薬品は約25%(採用薬ベース)を占めています。新規採用薬、後発品への薬品変更等は医師と相談し院内の薬事審議会を通し決定しています。薬剤を適正数在庫するとともに診療面及び経済面も考慮して管理しております。
<医薬品情報業務>詳細を見る▽
院内の医療スタッフに向けて、薬物治療上の最新かつ有用な情報提供として毎月DIニュースを発行しています。DIニュースの内容に「新薬紹介」「プレアボイド・問い合わせ報告」「副作用報告」「ブルーレター等の安全性速報」等があります。薬剤科内でローテーションを組み、スタッフ全員で作成しています。また、薬剤科内で定期的に製薬会社による勉強会やスタッフによる研修報告会も実施しています。

薬剤科実績

日本病院薬剤師会 生涯研修3名(生涯研修履修1名)
日本病院薬剤師会 認定指導1名
薬剤師研修センター 実務実習指導2名
薬剤師研修センター 認定薬剤師3名
NST専門薬剤師   1名
スポーツファーマシスト 2名
以上、資格を持つ薬剤師が多数在籍しています。

薬剤科集合写真
薬剤科集合写真

病棟カンファレンスの様子
病棟カンファレンスの様子

薬剤科3
TPNの無菌調製

薬剤科4
就職セミナーの様子

AMG薬剤師仕事研究セミナーがございます。

AMG薬剤師仕事研究セミナー

Copyright © Asakusa Hospital.All rights reserved.